病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

扉を開く、ということ。

心の栄養剤シリーズ第二弾です。

前回は絆創膏でしたがお気になさらず。

 

小さなことでも、心に栄養を与える事はとても大事だと思います。

 

大きな悩みは根本から解決していく必要がありますが、それは簡単ではありません。

 

植物が育つことをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

まずはタネを植え、少しづつ根を張り。

そして芽吹き、やがて大きく成長します。

 

心も同じです。まずは根をしっかりと伸ばす事。

その為の土を耕すという事。

疎かにしてはいけないと私は思います。

 

今回のポイントは、扉を開くということです。

新しいことを始めるって、ちょっとドキドキします。

それを利用してみると、少しですが人生の楽しみを感じることができます。

小さなことでいいんです。

 

いつもの駅に向かう道、ちょっとだけ遠回り。

いつもの帰り道、ちょっとだけ寄り道。

いつものお昼ご飯、新製品のおにぎりに。

見たことのないテレビ番組。

知らないジャンルの本。

クックパッドで見つけた、作ってみたかった料理。

コンビニで売っている、怪しいジュース。

いつもの道の、気になるお店。

 

なーんでもいいんです。

ちょっとだけ、変えてみましょう。

チャレンジしてみましょう。

たったそれだけです。失敗してもいいじゃないですか。

 

大きな悩みに向き合いつつ、たまには寄り道。

 

生きるって大変です。凄いことです。

だから日々のルーティーンを少しだけ、壊してみましょう。流れに、逆らってみましょう。ドキドキしちゃいましょう。

 

ほんの小さなことで、あなたの心は、あなたが大事なんだと思い出します。

 

扉を開ける。ドアノブを掴むのはあなたです。

扉を開けた先の景色は、あなたが1番に見るんです。

他の誰でもない、自分だけの扉。

 

小さなことですが、ぜひやってみてください。

続けていると、効果を実感できるかと思います。

 

 

なにがし。