病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

生理的に無理な人との付き合い方。

生理的に無理な人、皆さんは身近にいますか?

特に理由はないけれど、なんか嫌。不快。

でも、同じクラスだから。職場の上司だから。

顔を合わせなきゃいけない。話さなきゃいけない。

 

そんな人との付き合い方のコツです。

 

 

そもそも、何故不快に感じるのでしょう。

こんな理由があると言われています。

 

 

生理的に無理、理由もなく嫌いな人は、

あなたの出来ない事を平気でやっている人だから。

あなたのしたいことを、平気でやっているから。

 

例えば、言いたいことをガンガン言う人。

すぐに怒りを露わにする人。

 

こんな人に不快感を覚える人は、

日頃から自分の言いたいことを言えていない人

だったりするのです。

 

自分が言えないから、言いたいけど言えないから。

自分が我慢しているのに。

あの人は好き放題言っている。

 

こんな感情が、不快感の根本にある場合が多いのです。

 

 

 

じゃあどうすれば良いのか。

あくまで一つの案ですが、自分の欲求を教えてもらっていると解釈するのです。

 

そういう人を見ると、自分が何をしたいのかが分かる。気づかなかったことを教えてくれている。

先程の例ならば、あぁ、自分は言いたいことを言いたいんだなぁ、現状に納得していないんだなぁと捉えるということです。

 

意外にも、人は自分の事をよく知りません。

他人の方が、あなたのことをより分かっている場合すらあります。

自分を理解することは心、メンタルにとってとても大事なことです。

 

だからその不快感を利用して、自己理解を深めるのです。

体の異変を痛みが教えてくれるのと一緒です。

その不快感は、心があなたに伝えようとしているのです。

私もそうしたい。

そうなりたいんだよ、と。

 

その心の声を聴く手がかりが、生理的に無理な人なんです。

 

もちろん、一筋縄ではいきませんが。

ただ不快な思いだけしてるよりは、こんなあがきをしてみるのもいいのではないかな、と思います。

 

 

 

なにがし。