病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

直感を磨く。直感とともに生きる。

直感。大事です。

人間の頭は実に高性能で。
あれこれ考えるよりも、直感を信じた方が良いとも言われます。様々な経験や知識から、瞬時に正解であろう選択をはじき出すのが直感らしいです。

私は最近。出来るだけ直感を頼りに生きていきたいなぁと思うようになりました。

だって。未来のことは分からないですし。
何年にもわたって考えに考え、悩みに悩み、出した結論が大して良いものに結びつかなかった経験からかもしれません。
あまり深く考えても、私個人としては大して良いことがないことが多かったです。


今日は。 冴えた直感をひねり出す為の技。 頭を空っぽにする趣味や直感を鍛える方法をいくつか紹介したいと思います。
私は毎日、少しでもこの中のどれかを実践し、頭を空っぽにする時間や直感の練習時間を取るようにしています。 これはストレスを感じた時にも一時的にですがリラックス効果があると思います。


運動

まずはこれです。勝ち負けのある競技で、出来るだけスピーディーな判断が必要なものがいいと思います。
バドミントン、卓球、バスケット、バレー、テニスなどですかね。考え事をしている暇がなく、勝敗がかかる球技が良いです。 最近ではボルダリングもおススメです。常に負荷がかかり、登るルートも考えなければならないので頭も体も休まる暇がありません。
運動は交感神経も刺激します。活発に動くことで頭も冴えます。


ダーツ

これは完全に私の趣味なんですが一応。 とっても集中します。集中しなければ狙ったところに当たりません。
ある程度やりこんで、ルールがわかった後でしか効果はないので万人ウケはしません。マイダーツも必須です。

昔、精神的に追い詰められて半年くらい毎日三時間ずーっとブル(真ん中の丸い所)だけ狙う練習をしていました。投げる瞬間の指先のコントロールは技術と直感が必要です。更に的に集中することで現実から思いっきり目を背けることができます。


アプリ

最近はスマホでいろんなゲームができますね。
時間を無駄にするようにも感じますが、わりかし簡単に頭を空っぽに出来ます。中には直感が必要なアプリもありますね。有名どころだと、クラッシュロワイヤルというアプリでしょうか。


読書

言わずと知れた王道ですね。
読書に慣れると。読んだ文章が映像となって頭の中で再生されるといいます。 漫画も良いですね。
様々な知識を得ることで、より冴えた直感の材料にもなります。


ネーミングウォーク

確かこんな名前だったと思います。マインドフルネス系の技術です。歩く瞑想なんて言われています。

やり方
まず歩く。
どこでも良いです。屋外でも、屋内でも。

次に、目に付いたものに名前をつける。
歩いていれば、様々なものに目が行きます。
道端の石ころ。ガードレール。路面についた傷やゴミ。店の看板。
屋内なら消火器、蛍光灯、壁に付いた画鋲などなんでも。 やることはこれだけです。 とにかく目に入ったもの全てに名前を付けます。

名付けにはルールがあります。
・人名や意味のある言葉、単語を使わない
・心の中で行う

こんな感じです。声に出したらガチガチの変人だと思われるのでやめましょう。

桃の木を見たからといって、安易にももたろうなどはだめです。 ボルヒとかモロウとかそんな意味のない単語で。
失敗してもとにかく次から次へと片っ端から命名します。神様になったつもりで。

言葉で説明すると、とっても胡散臭いんですが。

これはすごい効きます。とにかく効きます。
10分くらいやってみてください。心がすっとする感覚がわかると思います。
目に入る物が多ければ座ったままでも出来ます。


おわりに

こんな所でしょうか。まだまだいっぱいあるかと思います。 こんなのもあるよ、というのがあれば是非教えて下さいね。

頭を空っぽに。常に心を軽くして持っていること。 そしてできるだけ色々な場面で使うことで直感力が磨かれると思います。
ゆるーく生きる。私のブログの現在のテーマでもあります。

何か参考になっていただければ幸いです。

なにがし。