病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

ネットの収益と生き方と学びと。

連日の雨降りですね。
台風や豪雨、災害にはお気をつけください。

ブログを始めて約二ヶ月。

それまでは読書が主な情報源でした。
ですが、たくさんの人のブログを読んだり、サイトを見て。

収益を上げる、検索上位のサイト=人の為になる情報源

としてのインターネットの在り方を学ぶようになり、なんて奥が深いんだろうと思うようになりました。

正社員で仕事をして、昇進して、収入が増えて。
家族を持って、会社を勤め上げて、老後へ。

そんな王道とも言える生き方とは違う、インターネットを含めた生き方。
それこそ、プロのブロガーさんや、youtuberなど。

令和は王道の時代から、変わりゆく世の中になるのかなぁと感じます。変わっている人はすでにいるので、どれだけの人が変わっていくのか、ある意味では試される時代かなと思います。


個人の生き方が問われる時代

もちろん。
今まで通り正社員で働く王道スタイルは基本的に主流でしょう。 そこからどの割合で分かれていくのかですね。

・自営業
・勤労による収入のみ(王道)
・勤労+ネットを活用した収入
・ネットを活用した収入のみ

まだまだ権利収入や投資家など他にもスタイルがありますが。

幼少期の段階からこういった情報に触れて育ってくる世代がどのような選択をしていくのか。
それが時代の変遷となっていくと思います。
楽しみでもあり、そんな時代のうねりに負けたくない気持ちもちょっとあります。


日本そのものの変化

年金問題。そして少子高齢化。
少子高齢化については、相当に厳しいレベルになっていると言われています。

令和元年版高齢社会白書(全体版)(PDF版) - 内閣府

色々書いてあるのでざっくり言うと。
・年金はやばい
・少子高齢化はやばい
・人口減少も歯止めがかからない

ということです。 今から46年後の予想が書いていますが。

・日本の人口は9000万人
・年金は1.3人の労働者が1人の高齢者を支える計算
・2.6人に1人が65歳以上

これらの状況を踏まえても。
これから働き方、生き方、考え方の変化が起こっていくことは容易に想像できます。 これまでもそうですが、これからまだまだ日本は変わっていきます。


おわりに

色々と学んだ中で。
本当に生きることが大変な世の中になってきたなぁと感じます。慎ましく生きることすら、ままならない。
何にせよ、それぞれが目の前のことと一生懸命に向き合っていくしかないのですが。
もう少しこう、庶民の未来に対して明るいニュースはないものかと思ってしまいます。

こんな時代だからこそ。個人の生き方が問われます。
大変ですが前を向いて、生きていかなくてはならないと感じます。 何か感じて頂けたら、幸いです。

なにがし。