病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

夏の風物詩を語る。

甲子園。

賑わってますね。

私も毎年楽しみにしています。
球児たちの、真剣さ。涙。

決してエンターテイメントとしてではなく。

その時、一瞬一瞬にかける思いがぶつかり合って。
見る人たちの心を揺さぶります。

人間には、自己実現の欲求があると言われています。
自己実現、すなわち甲子園優勝という目標を達成しようとする球児たちを見ると、見ている人の心もまた揺さぶられるのです。

出来なかったこと。
諦めたこと。
やろうとしていること。
そして、ただひたすらに、自己実現に向かっていく姿。

その姿は、とても美しく。
見ている人に勇気と感動をくれるのだと思います。

甲子園に限らず。

そういうものを見て、ただ感じることって
とても大切なのかなぁと思います。

なにがし。