病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

日常を退屈と思うなら、ブログを書こう。

こんな風に思ったこと、ありませんか?

毎日同じことの繰り返しで退屈。つまらない。

私は、最近はそうでもないですが、昔そう思っていた時期があります。

そうですね。

そう感じたことは、きっと誰しもあると思います。

で。

もし、今そういう感覚に陥っていて。
また、友人からそんな話をされて。

なんて方に読んでいただきたいなぁと思います。

ちなみに。

このブログの読者の方はほとんどブロガーさんなんですが、ブログを書いている方はそんなに退屈だと思わないんじゃないかなぁと思っています。それも含めて。

先輩ブロガーさんの前で、こんなペーペーが語ることでもないとは思いますが、何とかメンタル的なネタで勝負していきたいと思います。


ブロガーは日常に退屈しない

ブログのネタ探しって、私は今のところ苦痛に感じないんです。
たぶんそれは、日々思うことに対してアンテナが出来つつあるからだと思うんです。

ちょっとしたことから。
あぁこれ書いたら面白そうだなぁ、とか
小さな出来事から色んな連想をしたり、知識を掘り下げてみたり。
日常の変化、自分の思うことをアウトプットする習慣が染み付いてきて。

結果、日々の生活の変化に敏感になります。
そして、自分はどう思ったか?に対してもよく考えるようになると思います。

つまり、日常の変化も、自分の心の変化も捉えやすくなり、退屈さを感じにくくなるのかなぁと。


ブログのネタ探しが与える効果

心理学大国アメリカの研究で。
人は1日に6万回思考するというものがあります。

24で割ると、1時間あたり2500回
半分の30分で、1250回
更に半分の15分で、625回
秒換算すると、1.44秒で1回。
15分で625回も何かを考えているなんて想像もできません。
どうやって調べたんだかは分かりませんが、ざっくりそんな感じだそうです。あくまで、ざっくりです。 睡眠時間は無視しました。

日常が退屈だと思うならば。
きっとこの6万回の思考の大部分を捨てていることになりますね。 ただ考えて、そのまま消えていく。
残るものがないから、退屈と感じるんです。

ブロガーさんはこれを多くすくい取ることができているのだと考えます。


ポジティブシンキングの時間が増える

まぁ私はこんなんですが。
あかるいノリでブログを書かれている方は、ポジティブシンキングの割合が増えると思います。

なんせ、6万回のうち8割はネガティブなことを考えるらしいのです。

残りの2割から、ブログのネタを揉んで、考えるとすると、ネガティブ思考の割合が減ります。たぶん。

私のような場合は、
8割のネガティブ側メインで思考するので。
丸一日ほぼネガティブまみれです。冗談です。

ポジティブな記事を書くと、なんかポジティブになるような気はしていたので。
頭の中はこんな感じになっていたのかなぁと前向きに捉えてみます。


おわりに

冒頭の主張に戻ります。

日常が退屈と思うなら、ブログを書こう。

紛れもなく私の実体験に基づく考えです。
ブログを始めてから、日々の楽しみが増えました。
逆に、日常を退屈だと思うことがかなり減りました。

今日は何か起こるかな、とか。
悪い出来事もブログに書いてしまえば、割と自分にとってプラスになるので、それすらちょっと楽しみです。

ブログ、始めてよかったなぁと。
心から思います。
ひとえに、読んでいただいているみなさんのおかげでもあります。
いつも、ありがとうございます。

なにがし。