病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

人生は、パイの奪い合い。

忘れてました。

150記事を達成したんです。
毎日更新も続いてます。

ひとえに、皆様のお陰です。
ありがとうございます。

そしてこれからも、拙いブログではありますが。
どうぞよろしくお付き合いを、お願い致します。

で。

150記事目(今回は151記事目)なんですが。

それにふさわしいテーマを考えていませんでした。

なので、ぶっつけ本番で書いてみようと思います。
ちょっと考えますね。


人生は結局、パイの奪い合い

こんな事が浮かんできました。
ここ最近、ちょっと病み強めの記事が多かったんですが、まぁこんな事を思うんですよね。


パイを奪い合う意味

パイ、とはアップルパイなどの パイ(pie) のことだそうです。
円グラフは、pie chartと呼ばれていますからね。

円、つまり全体。そのうちの何割を誰が取るか。
それがパイの奪い合いです。

麻雀牌のことだと思ってましたが違いました。


人生には限りあるものが沢山

で、これです。

人生において、限りのあるものって沢山あります。

その中でもとりわけ大きいのは。
時間とお金ですね。

どちらも限りがあります。
これを誰がどのくらい自分のものとして使えるか。
有意義に使えるか。

厳しいですが、社会はそんな感じなのかなぁと思うんです。


お金

まずお金について。
お金に関しては、結構単純です。

世の中に流通している金額はだいたい決まっていて、
それを誰がどれくらい取るかの話ですね。

ちなみに、2年前ですけど。
世界トップクラスの資産家8人が持つ資産が、
世界中の人口の下から50%、約36億人が持つ資産を合わせた額と同額だったそうです。

あな恐ろしい。

経済のことはぶっちゃけよく分かりませんが、
お金持ちはそういうスケールでパイの奪い合いをしている。ざっくりそんな感じです。

で。

私のような庶民は。
地方銀行の口座にちょろっと。
パイがあるわけですね。

そのうち何パーセントを有意義に自分の為に使えるか。
ということです。

子どもがいれば、子どもに使わなければいけません。
パートナーにも使わなければいけないかもしれません。

一時の至福と脂肪に変わるしかない、コンビニの上等なスイーツ。

ちょっとお高い、違いのよく分からないカフェのコーヒー。

飲み屋さんの、シメのスイーツ。

そういうものに、私のパイは奪われていきます。
まぁ、それが商売なんでしょうけどね。
そうやって社会は回っているので、仕方のないことではあるんですが。

だからといって、一方的に奪われる側にいては、良くないよね。と思うんです。
ちゃんと仕事して、稼いで。老後の資金も貯めて。

そういうところをしっかりしないといけない。
というわけです。


時間

これもまぁ、お金と同じです。

1日は誰しも、24時間です。

でも、人それぞれライフサイクルがあって。
何にどれだけ時間を使うかは別の話です。

個人個人の、時間の価値は違うし、使う方向性も違う。
時間のパイもお金同様、人それぞれですね。

スマホのどうでもよいアプリで消費したり。
飲みたくもない人のお酒に付き合って消費したり。
草刈りとか雪かきに使ったり。
目的もなくちぎって捨てたり。 するわけです。

結局これも、奪い合いです。
誰かのパイの為に、自分のパイを使う、使わされるのです。
某アンパンのヒーローと同じです。

助け合いと言えば、聞こえは良いかもしれない。

でも。
時間に関しては使ったパイは戻らないんです。
誰かから奪って、補填するしかない。

だから。

生きるのが上手な人は。
すなわち他人のパイを上手く利用しているわけで。
そこにwin-winの関係があれば良いのですが、
もちろんそうじゃない場合も往々にしてあるわけです。

これも、お金と同じです。
ただ奪われるままに生きてしまえば。

納得できない人生になることでしょう。

嫌なことは断る。これが大事。


おわりに

シメます。

例に挙げたものは、軽めに書きましたが。
実際のところもっと、悪意のあるものがあったり。
仕方ない事があったり。

自分の人生において限りあるもの。
それをお互いが奪い合う世の中であると、
嫌な書き方ではありますが。 あえてオブラートには包まず、私はそう思います。

その中で、いかに生きるか。
自分のパイを手渡すことを、損と取るか得と取るか。
分け与えると思うか、失ったと思うか。
それらが複雑に絡み合って、人生となる。

このブログも。 皆さまの大切な、時間のパイを奪っています。
だからこそ、ほんの少しでも、有意義なものをお返ししたい。

そう、強く思います。

なにがし。