病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

春宵一刻値千金。

春の夜の時間は、千金に値する。らしいです。

物思いにふけるには最適ですね。

今日はちょっとしたカウンセラー流の会話のテクニックを。 人の話を聴く時、日常会話でも使える、知っているとちょっとだけお得な話です。


言霊返し

いわゆる、おうむ返しですね。
相手の言葉をそのまま返す。

今日、〇〇なことがあって、悲しかったんです。

へぇ、悲しかったんだね。

と言った具合です。文字にすると、冷たい感じがしますが、ちゃんと伝わります。むしろ、これが効きます。

泣きたい、と言われたら泣きたいんだね、と返します。 泣きたい、と言われて、悲しいんだねと言い換えてはいけません。あくまで、相手の言葉をそのまま返すことが大事です。


感情を逃さない

例のように感情がこもった言葉(悲しい、嬉しい、泣きたい、感激、楽しい、怒った)は出来るだけ返すと良いです。
感情のこもった言葉を受け止めてもらえると、人は安心します。日頃から会話の中で意識しておくといいと思います。


終わりに

会話は、心に大きな影響を及ぼします。人間関係の根底、基礎にあるといっても過言ではありません。
何気ない一言にも。心は宿り、他人の心に突き刺さったり、癒したりします。
今一度、何気ない会話、言葉について考えてみてはいかがでしょうか。

なにがし。