病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

自分を貫く人。他人から学ぶ人。

意識して行動する。
とても大事なことだと思います。

私もこれまで、あーだこーだ書いてきましたが。
良いと思うことは進んで実践することに、
人生の苦境を乗り越えるヒントが隠れているのではないかなぁと思います。 今日はそんな、生き方のお話です。

今回は大きく2パターンで生き方を分けます。 自分の考えを中心に生きていく人や自分を確立して独自の考えで生きていく人、いわゆる芯が硬くブレない人。 それに対して、他人のやり方を真似て吸収する人。つまり柔らかくしなやかに生きていく人。
その2つのパターンで考えていきたいと思います。


芯が硬くブレない人

人間の軸とか、芯があるとか、ブレないとか。
そういう生き方、格好いいと思います。
他人は他人、自分は自分。
そうやって自分という存在を確立し、その魅力で人を引っ張っていけることはとてもすごいことだと思います。自分にはできないので憧れます。


柔らかくしなやかに生きていく人

しかし、そういう凄さと別次元にいる人もいます。
その中の一つが。これです。
良いと思うことをガンガン実践していく人。
人の良いところを真似して自分のものにする人です。
間違えは正す。 フィードバックする。
一般にPDCAサイクルと呼ばれる考え方と行動をじゃんじゃんやって自分を改革していく人です。
過去に数人、そんな人を見てきました。
半端じゃないです。
私も真似をして、その人のやること為すことをコピーしました。しかし全然追いつかないばかりか、どんどん新しいことを身につけていくので手がつけられません。

そういう人には失敗もあります。
でもそれを易々とはねのける結果を残します。


どちらがいいのか

ここまで書いて思いました。
私の見てきたすごい人たちは、後者のしなやかに生きていくタイプの方が多かったです。 確固たる自分を持っている人に対して、悪く言えば軸がない、自分を持っていないような人、他人の意見を気にしまくる人ってどうなんだ。と言えます。

それも悪くないんじゃないですかーという感じでいこうとしたのですが、そうでは無いなと思ってしまいました。

そう、私が見てきたしなやかな人たちもブレてないんです。

真似をする。参考にする。そして技術を奪う。
方法は何であれ、自己の成長を追い求めるという姿勢には一切のブレがないんです。

考え方ひとつですが。
結局すごい人はみんな、自分を持っている。 そこをどう追い求めるかは大きな問題ではないということですね。


おわりに

色々書きましたが。すごい人達が世の中にいます。 それにひきかえ私自身のブレブレ加減の情けないこと。
戒めとして、そのままにします。
皆さまには読みにくい記事を読ませてしまってすいません。

失敗して、苦しんで。その先に何があるかは分かりませんが。 自分なりの人生を謳歌できればいいのかなと思います。

なにがし。