病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

心の声を叫ぶ。

とは言え。

簡単なことではないので。

この場を借りてぶちまけてしまおうかと思います。

私は。
人の大切さに、順位はない。
そう思っていました。

いつも行くコンビニの店員も。
パートナーも。親兄弟も。飲み友達も。

みんなそれぞれ大切で。
別々の、独立したベクトルの存在だと。

そう思っていました。

でも。綺麗事だった。
存在としてはそうかもしれない。
しかし。
それぞれが生きているこの現実世界においては違う。

選ばなければならない。そのタイミングが来るのだ。

よくある意地悪な質問で。
親と恋人が同時に溺れていて、どちらかしか助けることが出来ない。その感覚。

アニメや漫画の主人公なら、両方助ける!
なーんてしたり顔で言うのだろう。
しかし、現実は違って。選ばなければいけない。
些細な話も含めればが、こう言うことは実は結構ある。

親の介護のために、仕事を辞めるサラリーマン。
恋人との人生を選び、親を孤独死させる子。
親のために、恋人との時間を減らす。
恋人のために、親との時間を減らす。
親のために、恋人を選ぶ。
恋人のために、親の手料理を捨てる。
親のためにお金を払う。
恋人のためにお金を払う。
親のために、二世帯住宅を建てる。
恋人のために、親を施設に入れる。

誰かのための選択は、
誰かを捨てることと同義だ。

人は、人だから。
時間という同じラインの上に、その人は必ず一人。
だから。
絶対にどちらかを選ばなければならない時はある。

そしてそれは時に。
溺れた一方を見捨てるが如く、心に突き刺さるのだ。
生き死にがかかっていないとしても。

どちらかを選ぶことは避けられない。
そしてどちらかを選ぶということは、
どちらかを選ばないという選択を同時にしていることになる。

そして。そんな事実は。
どちらかを選ばなければならない、という固定観念を生み、自分のための選択も忘れさせる。

もはや三つ巴の戦い。
不自由な二択には、隠された(一般的に選べない)第三の選択肢があるのだ。先の、主人公の選択肢のように。それを選べば、楽になれるはずの。

私は。何のために生まれ、生きるのか?なんて。
病んでる人のテンプレみたいな思考。
あ、そうだ病んでたわ。と考えると納得出来る。

これが、私の生きるステージなのかもしれない。
そうです。ここまでテンプレです。

ちょっと落ち着きました。
感情に任せて書くのは、良くない。
駄文も駄文で、申し訳ないと思います。

最後に。

人生は結果論。
そう教えてくれた人がいました。 その話を少し。

どんな言葉も。
どんな生き方も。
どんな選択も。
何でもそう。

言い方、捉え方一つで後からどうとでも言える。

人生をどう生きたかなんてどうでもいい。
自分がどう生きたと思うか、が大事。

幸せに生きたかどうかは、そこだけ。
答えは、自分の中にしかない。

誰かの、何かになることを祈って。

なにがし。