病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

優しい人は損をする。

優しさにも種類があると思います。
「優しい人」 よくそう言われる人に。


言いたい事を言う人。

きちんと伝えるべき事を伝えられる。その上で優しい人と言われるタイプです。 相手の悪いところを包み隠さず、ちゃんと指摘できるからこそ言われる「優しい人」。言いづらい事を言うリスクを負うが為に、信頼されることが多いです。人にも本音を言われやすく、お互い本心を隠す必要がない深い仲になりやすいです。 しかし普段から自分の行動を気にしていないと相手によっては不快だと思われる場合もあります。


気を遣いまくる人。

相手を思いやるあまり、強く言わない。言えない。だからこそ言われる「優しい人」。上記のタイプとは異なります。相手によっては信頼されることもありますが、本心を隠していると思われることによって深い仲にはなりづらいタイプです。 当たり障りなく過ごすので普段の生活は気楽で、人から直接批判を言われることも少なく、広く人間関係を築ける場合が多いです。しかしあまりにも受け身すぎると、気弱な人と思われる為に他人のイライラの矛先になってしまいます。


一長一短を理解する

いかがだったでしょうか。 どちらのタイプも一長一短があり、正解不正解はありません。ただ、お互いのタイプを理解し、そして可能なら使い分けることで、より良い人間関係の構築に役立つと思います。 参考にしてみて下さい。

なにがし。