病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

想いを口にすることを考える。

病んでる系という肩書きを自分で付けたんですが。
どういう形でどういう方向に向かえば良いかたまに迷ったりします。

たとえ一秒でも。
皆さんのお時間を頂いている以上。

出来る限り、有益な時間を過ごして頂きたいなぁと個人的には常々思います。
大層なことは書けませんが心に関するブログなので、ちょっとでも心が変化するような。
知ってて得した気分になるような。

そんな文章を書けるようになりたいと思っています。

こうやって書かないときっと誰にも伝わりません。なので、書いてみました。

ちょっとした自己開示です。


想いは口にしないと伝わらない

冒頭から重めに書いたのは、
これを伝えたいなぁと思ったからです。

ちょっと見方を変えてみます。

想いを伝えるには、まず言葉にすること。

意味は似たようなものですが、
ちょっとニュアンスが違います。

ブログを書いてる人間が言うことではないかもしれませんが、言葉にすることそのものが大事で。
言葉の内容はそんなに関係ないと私は思います。

想いを伝えたい、という気持ちを伝えるのが言葉であり、態度であるわけです。
言葉は単体で人に飛んでいくわけではありません。
必ず、話し方や身振り手振り。表情や抑揚。言葉の選び方など多くの要素を合わせて相手に届きます。

そこから相手に伝わるものは、決して軽くない。 不格好でも、上手な言い回しじゃなくても。
一生懸命に伝えようとする意思が伝わればそれでいい。

だから。
言葉にすること、そのものが大事です。


おわりに

自分の中で。
ブログを続けていくうちに心のフェーズが進んでいるような気がします。

最初は、自分の書いていることなんてありきたりで。
どうせ誰も興味を持ってはくれないだろうと。
そんな事ばかり考えていました。

自分の気持ちでいっぱいいっぱいで。

でもそれが。四ヶ月を超えて、少しずつですが。
画面の向こうの人はどんな人なんだろう? そういうことを考えるようになってきています。

私が日々読ませて頂いている、長く続けていらっしゃるブロガーさん達の心の内にも。
こんな気持ちがあるのかなぁなんて思います。

もちろん、ブログのスタイルなんて人それぞれですが。
こういう気持ちを通して、実りある人生を見据えた、
そんなブログを書けるようになれたらいいなぁと思います。

自己開示についての記事も合わせてどうぞ。

www.nanigashimental.work

なにがし。