病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記(^q^)

後回し癖を、考える。

人間、後がなくなると。

余裕を失います。

それまでにしてなかった努力を嘆き、
うまくいかない現実に苦悩する。

夏休みの宿題のように。

さすがに30歳も過ぎて。
こんな経験はしたくないと思っていても。
どこからともなくこういう現実はやってきて。

変わらないなぁ、私。となるのだ。

この面倒事を後に回す癖を治すには、
成功体験しかないと思っている。

この記事を読むと、 後回し癖の治し方が分かります。


面倒事を後に回す理由

これは、成功体験によるものと言われている。

夏休み、遊びに遊んで。
最後の3日で、宿題を終わらせた! 私、すごい!

とか。

テスト前日一夜漬けしただけなのに、
高得点とれた、私、すごい!

とか。

なんとなくちゃっちゃとやった結果、
うまくいってしまった。
その成功体験があるから、後回しにしてしまう癖がつくと言われている。


それを勝る体験をするしかない

強い意志を持って克服できるなら、それでいい。
コツコツ積み上げることが出来るなら、それでいい。

私は、五分以内に終わることはその場でやってしまう。
ということを実践している。

後回し癖に勝つには。 それに勝る成功体験しかないのだ。


後回し癖を断つ、成功体験とは

これはもう、一つしかない。
先にやってしまう、気持ち良さを知るしかない。

過去に一度。
私が子どもの頃。
夏休みの宿題を、最初の何日かで終わらせたことがある。
そこからの休みの気楽さといったら、半端じゃない。

未だに覚えている。

これを、積み重ねるしかないのだ。
そして、体に染み込ませる。

結局、やるしかないのだけれど。
できない時はできないでいい。
できる時にだけやって。
その成功体験を何回も何回も味わう。

これこそ、後回し癖を断つ為に必要なこと。


おわりに

明日は、試験!頑張ってきます。
ブログ書いてる場合じゃないけれど(笑)

こんな散々な状況でブログが書けるのも、
たくさんの人と触れ合う成功体験が、影響していますね。きっと。

なにがし。