病んでる系カウンセラーのブログ

カウンセラー(アマチュア)視点で書くゆるゆる日記

負けるな!

9月、終わる。

9月が終わります。 1年12ヶ月のうち9ヶ月が終わりました。 残りは3ヶ月です。 日々を大切に駆け抜けてきたつもりではあるのですが、 あっという間の9ヶ月でした。 個人的な話で申し訳ないのですが、 成し遂げたことは、多くはありません。 頑張ったけど、…

図書館という、天国。

私は、時々死ぬほど本を読みたくなるのです。 そんな時に行くのが図書館。 ちょっと大きめの図書館が近場にあるので、よく利用していました。 最近は忙しくて、なかなか利用できず、 ムラムラしているところです。 本は、いい。 少なくとも私は、そう感じま…

何事も少しずつ、変化する。

あなたは、「脳の可塑性」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 ダイエットや、勉強、習慣作りなど様々な面で使われる、人間の持つ機能の一つです。 今日は、そんなお話。 脳は急な変化を恐れる 脳の機能を理解しよう 習慣づけが人生の肝となる おわり…

邪魔ばっかりしてんじゃないよ。

私はね、いつも思うのです。 偏見たっぷりかもしれないけれど。 なんていうかこう。 世の中、娯楽に溢れすぎてるんじゃないかなって。 いやもちろん、それはそれで否定なんかできないわけで、 それらが少なからず誰かを救っているとは思うのですが。 どこか…

どきどきの英会話レッスン。

私は、会社で英語を使うことがあります。 なので、会社から英語力の向上を命じられています。 勉強はずっとしていますが、悲しいことに今のところできる気はしていません。 しかし会社から指示が出ている以上、勉強をしなくてはならなくて。 そんな中で先日…

口下手なら……行動で。

私はいつも思うのです。 よく、はっきりモノを言いなさい、とか。 何いってるか分からない、とか。 そんなことを言われる人がいますね。 いわゆる、口下手な人たちです。 私もそうなんですが。 そういう人は、 はっきりモノを言えない自分を責めがちになりま…

前向きに、ひたむきに。

人生、どうにもうまくいかない時ってあると思うのです。 今日は、そんなお話。 私は何度繰り返したのでしょう。 うまくいかなくなって。 諦めて。 後悔して。 いつもその繰り返し。 そんな経験を繰り返したから、思うのです。 つらい時ほど、諦めちゃいけな…

後悔を恐れずに生きる。

私は、後悔したくない人間です。 いままでずっとそう考えて生きてきました。 しかし。 これはきっと、よくない。 最近そう感じるのです。 だって。 人生の先にある後悔なんて、 いくら考えたってわからないから。 後悔は、何かがあってからするものでしかな…

人生を変えるのって、結局気持ち。

人生、お金がないとどうにもならない。 そういうところはあるものですが、実際。 気持ちが全てを左右すると私は考えています。 高価な学習塾に通っても、本人のやる気がでなければどうにもならないのと同じ。 たとえお金がなくとも、空いてる時間を全て勉強…

黄昏のとき。

夏。 2022年の夏も、あとわずかです。 お酒を飲みながら、夕暮れを眺め。 遠くで弾ける花火の音を聴きながら。 ちょっと黄昏れたくなる、そんな日々です。 季節の移り変わりは、いつだって切ない。 なんだかんだと一年の半分以上が過ぎ、今年も少しずつ、終…

この上なく厄介な、「人が思う、人のカタチ」。

人は、心で生きています。 人の営みの奥底には、心があります。 悲しみだったり、怒りだったり、喜びだったり、快楽だったり。 そういうモノを追い求めて人は行動し、何かを為すのです。 その中でも、とりわけ厄介だと私が思うのは、 人のカタチです。 カタ…

努力が激化した時代。

今日は、努力の話です。 少し耳が痛い話かもしれません。 しかし大切な話です。 世の中には、「努力をしなかった人」がいます。 私もその一人です。 勉強をすればいい会社に入れると知っていながら、それを放棄して。 部活動を頑張れば結果を残せると知って…

心って、何者?

私は心理学大好き人間なんですが、 結局のところ、心ってなんなん?などと思うことが多々あります。 人によっては、 ただの「思考の癖」だと言ってみたり。 またある人は、 心はまだ解明されていない「何か」だ、と言ってみたり。 さらにまたある人は、 ただ…

日本という国へ。

人には「価値観」というものがあります。 良いとか、悪いとか。 好きだとか、嫌いとか。 正解、不正解。 さまざまなものが混在していて、 それらがルール無視で存在すると世の中はまとまらないから、 法律があるんですよね。 法律によってある程度の制限はあ…

待つ時代は終わった。

私たちは「変革の時代」に生きている、と最近良く思います。 時代なんていつだって流れながれていくもので、 変革は大なり小なりいつでも起きているかもしれませんが。 それでも。 いわゆる「Z世代」なんて考え方もそうですが、 加速度的に時代は動いている…

歴史は変わりゆく。

これまでも色々とありましたが。 昨今の風潮は本当に、良くない。 そんな風に感じます。 以前、「10秒の壁」という話を書きました。 www.nanigashimental.work これはつまり、 「それは不可能ではないと知ること」が、どれほどのものなのか。 ということに他…

値上げを感じる夏。

最近、値上げの波がやってきています。 趣味のものならギリで飲み込むことはできますが、 食料や生活必需品の値上げは家計に直撃。 しんどいばかりですね。 こういう影響はどうしたって避けられない部分はあるのですが、 だからと言って、何もせずにいては限…

歴史的梅雨明け。

今年の関東より西の地域において、 今年の梅雨明けは、過去最速だそうですね。 さらに6月の気温も観測史上最高。 今年も、例年通り。 なんだかんだと過去最高を塗り替える年になりつつあります。 こういうものを目の当たりにすると、 「変化」の重要性に気…

犠牲なしでは、得られぬ。

世の中には、「犠牲」にすることでしか得られないものがあります。 例えば、いい大学に入るためには、 少なからず勉強のために時間を「犠牲」にする必要がありますし、 会社でお金を稼いだり、地位を上げるために、 家族との時間を「犠牲」にすることもあり…

日々是好日、だけじゃない。

生きていると、いいことも悪いこともありますよね。 その日々を、 たとえ何があろうと、「いい日」として受け止めようよ! という考え方が日々是好日です。 つらいことも、 楽しいことも、 いいことも、 嫌なことも。 なんであっても、です。 受け止め方なん…

人生の、割り切り感。

割り切る。 ……って人生でとても大切だと思うんですよ。 いきなりなんのこっちゃ、かもしれませんけど。 自分に関係のないことは割り切る。 ここから先は行かない。 あの人とは関わらない。 これはしない。あれはしない。 これについては深く考えない。 そう…

一歩、また一歩。

最近、副業で少しずつお仕事をいただけるようになってきました。 「自分には価値がない」 「生きていてもしょうがない」 そう思いながら、生きていた私にとって。 「開き直って誰かのためだけに行動する」ことをしてみた結果、 ほんの少しずつ、お仕事をいた…

いよいよ、梅雨。

ジメジメして憂鬱な季節です。 正直、私は雨が嫌い。 しかし「梅雨」という季節は好きです。 紫陽花が咲き乱れ、 しとしとと降る雨と、夏の予感。 春と夏の合間。 目立たないんですけど、 この「梅雨」のような時期があるからこそ、 日本の四季に深みが増す…

さぁ、一本の木を植えよう。

明日世界が終わるとしても、私は今日リンゴの木を植える。 マルティン・ルター 私はルターがなにをした人なのかは知りません。 (なんとなくは理解できますが、良し悪しがわからず) ですが、 きっと諦めの悪い人なんだろうなぁ、ということはわかります。 …

梅雨間近の晴天の日。

人は、何かを学んでいるとき。 突然、視界がぱっと開けることがあります。 停滞期を抜けて、 それまでどうしても越えられなかった壁が、嘘のように消えるのです。 私は、その瞬間が好き。 そんなふうに思います。 夏の暑い日。 冬の寒い日。 眠くてしょうが…

人生の四季。

私たちは、人生という道を歩いています。 立ち止まることのできない、時に頼りない道です。 先が見えない道を進まなければいけないことも、あるでしょう。 しかし、何があろうとも立ち止まることも、許されません。 泣いても笑っても。 残り時間は減っていく…

芽吹きの時期に想う。

朝晩の冷え込みがやっと和らいできた、東北。 草木が芽吹き、新緑の美しい季節です。 もうすぐ梅雨の時期がやってきます。 梅雨が明けて7月。 9月の終わりには秋がやってきて寒くなるわけですから、 よくよく考えれば、暖かい季節なんていうのは、 1年の…

別れを惜しむくらいなら。

今日は、少しだけ際どい話を書こうかな、なんて思います。 私は常々思うのです。 後悔するぐらいなら、 なぜもっと頑張らなんだ。 と。 未来のことなんてわからないんですけど、 後悔するぐらいなら、 脇目も振らず全力でやり切ることが大切だと思っています…

さぁ、世界を見よう。

昨今、日本という国はやばいんじゃないか? というネットの書き込みをよく目にします。 上がらない賃金。 上がりまくる物価。 経済成長が出来ていない。 遺憾の意ばっかり。 中抜きばっかり。 取り返しのつかない、少子化。 私には、ぶっちゃけ。 何が良くて…

犬小屋の話。

以前、わんちゃんの話を書きました。 www.nanigashimental.work あれからずっと。 庭先に残されていた、犬小屋。 先日ついに、なくなってしまいました。 心のどこかで、もしかして動物病院に入院してるんじゃないか、とか。 そんなことを願っていたんですが…